FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪いときには悪いことが重なるもので

 パソコンが使えない状態のオイラに追い打ちをかけるように、昨日MP3プレイヤーが壊れた。もう2年近く使ってたから、しゃぁないんだけど。よりによって今はねぇ......。10年前に買ったCDラジカセが、大活躍してます(笑)。

 ここから話はガラッと変わります(笑)。この前ストーンズが来日して、いろいろな人のレポを読みました。やっぱストーンズはいいですね。高校時代に聞きはじめたストーンズ。最初はミック・ジャガーの粘っこいボーカルに馴染まなかったけど、だんだんそれにはまりました(笑)。ノリノリの曲も好きだけど、ちょっと気だるい「ダイスを転がせ」とか「ギミー・シェルター」とかも好きだなぁ。この前「悪魔を憐れむ歌」をセッションのリストにあったんだけど、自信が無くて断念。もったいなかったなぁ。

 個人的な意見としましては、やっぱストーンズは5人であって欲しかったな、と。だからビル・ワイマンの脱退は残念だったなぁ(もう10年以上も前の話だがまだ言い続けてる......)。今となってはしょうがないですがね。ちなみに誤解の無きように言っておきますが、もちろん今のストーンズも好きですよ!

http://husky-go.hp.infoseek.co.jp/

060331.jpg

スポンサーサイト

今日のBGM“Paint It Black”

 ストーンズの中で超好きなナンバー。邦題は「黒くぬれ」。イントロのギターから、かなりいい味出してますね。ロックナンバーだけど、影を感じる曲でもあります。ベースが結構ポイントになってます。これいつかセッションでやりたいです。やりたいなぁ。

music084.jpg

レッツゴー、ファイヤー!

 昨日見たバンドが「レッツゴー、ファイヤー!」と歌ってたのですが、その歌詞が脳内でリフレインしている今日この頃です。

 と、いうわけで昨日ジャカズさんに行ってきました。もともとジャカズさんとうちの職場は、非常に近いんだす。この前「イベント無い日は結構空いてるし、水曜は練習できるよ」と言われ、「今度のセッションの曲でもちょっと弾いてみるか」みたいなノリで行ったわけですわ。

 店に着くと男性1人と女性2人からなるスリーピースバンドが演奏してた。このバンドが前述したバンドです。何か青春してるなぁ、というノリのバンドでしたね。歌詞があえて“ど真ん中の直球”みないな感じで、非常に好感が持てました。ドラムの子がやたら嬉しそうに叩いているのが印象的でしたね。

 「見てるのも勉強になるから、今日は演奏しなくてもいいや」と思ってたんですが、甘くはなかった(笑)。その場にいた人(確か「あやぱん」というバンドの人達)とビートルズの曲をやることになりますた。
ちなみにやった曲は、

1. BLACKBIRD
2. CAN'T BUY ME LOVE
3. ALL MY LOVING
4. OB-LA-DI,OB-LA-DA


 演奏前に「ビートルズやってる人がいるから、何とかなるだろう」と言われたが、何ともならなかった(苦笑)。だっているのはオイラだから。「BLACKBIRD」はともかく、「CAN'T BUY ME LOVE」や「ALL MY LOVING」はすぐ演奏できて良さそうなものですが、ダメでした。だってオレだから(苦笑)。超有名な曲なのに、これらはやったことがないっす。でも前にやったことがある「OB-LA-DI,OB-LA-DA」もミスるしねぇ。何か自分の下手さに、弾きながらだんだん脱力していきました(泣)。 一緒にやってくれた「あやぱん」さんにはホント申し訳ないと思いました。今度はもっとちゃんと弾きますのでお許しを。

 いやぁ、でもこっ恥ずかしい演奏をして、「もっと練習せねば」と思ったので、収穫はあったんでしょう(苦笑)。そういうことにしておきます。

http://husky-go.hp.infoseek.co.jp/

今日のBGM“CAN'T BUY ME LOVE ”

 ビートルズの初期の代表曲のひとつ。初期らしいシンプルなロックナンバー。ラブソングでありながら、ポールのボーカルには迫力があります。ジョンの生ギターがいい味を出してますね。

music083.jpg

やっぱ不便ですなぁ

 Mac miniの購入を決意するも在庫切れやら何やらの理由で、オイラのもとにやってくるのは来月の中旬くらいとか。一方店に預けたWindowsもフォーマットし直さなきゃいけない状態とのこと。あーあ。

 オレ、音楽ファイルはパソコンで管理してるのね。MacでもWindowsでも読めるようLANでつないでるんだけど、共倒れ状態になってしまったので、現在は古いCDラジカセで聞いてるわけです。とはいえCDに焼いてないデーターも多いわけで、やっぱ聞くに聞けないというのはいかんですわ。

 あとオレ、通勤時間が長いのでいつもMP3プレイヤーでセッションの課題曲を聴いてるんだけど、パソコンが無いとデーターを更新できないですよ。まだ課題曲のうち何曲かはMP3プレイヤーに入れてないので、それらを通勤中に聞けないには痛いなぁ。家に帰ってから聴くんだけど、できれば家に帰ったらすぐ練習したいわけなんです。

 ここしばらくは会社のMACでコソコソCD焼いてます。はっきり言って不便です。早く家にパソコン戻って来てくれ。

http://husky-go.hp.infoseek.co.jp/

今日のBGM“NO FEELINGS”

 ピストルズの曲で邦題は「分かってたまるか」。ピストルズの中ではちょっとメジャーじゃない曲。イントロのギターはシンプルながら「行くぜ!」みたいな感じで好きです。早口のボーカルもいいです。この曲この前のセッションでやったんだけど、あれマシクリの時はやったっけ!?忘れちゃったよ。

music070.jpg

「ヘビメタさん」が生まれ変わる!「ROCK FUJIYAMA」が4月からスタート!!

 「ヘビメタさん」という番組をご存知でしょうか?昨年半年間にわたって深夜に放送された、ヘビメタ(バラエティー)番組。凄腕マーティがヘビメタと演歌を融合させたり、いろいろな企画があったりと、ホントに素晴らしい番組でした。期間限定であったため番組は終了してしまいましたが、惜しい番組だったのでワタシも微力ながら「ヘビメタさん存続キャンペーン」に参加したりしました。

 その「ヘビメタさん」が遂に帰ってくるという知らせが......!4/3(月)25:00? テレビ東京にて。大人の事情で番組名が「ROCK FUJIYAMA」と変わったが、出演者やスタッフが全く同じなので後継番組ということなのです。

 ちなみに「ヘビメタさん」としては書籍が出るとか。本よりDVD出してくれよ、音楽なんだからさ。

060328a.jpg


050928a.jpg


050728i.jpg

ビートルズのセッションをして思ふ

 単純にオイラはベースが好きなのね。昔フォークギター弾いてたんだけど、ベースには共通する所も多いと思う。もちろんベースとしての面白さも満載だと思う。一度は止めたベースだけど、再びやって良かったと思う今日この頃ですよ。

 ビートルズというと、ベースはポールじゃないですか。彼の歌声はやっぱ凄いですよね。聞いてて、もの凄く“センス”を感じます。特に中期から後期になると本当に素晴らしいです。でもポールの歌声は好きだけど、実際自分がコピーするとなるとかなり厳しいですね(苦笑)。ワタシがセッションであまり歌わないところは、そこにあるんです。

 でも昔フォークライブやってたこともあるし、歌は好きですね。弾きながら歌うなら、ポールよりジョンの方が好きかな(笑)。ジョンの歌声の方が、何か“魂”を感じるんだよね。まぁ、オレの感想ですが。ガーーーーッとたたみかける歌声は、ワタシが若い頃に聞いたフォークやパンクにリンクするところもあって好きなんですよ。「じゃぁジョンがいいの?」て言われると、せっかくギター持つならジョージの方がソロとかあって面白そうって感じかな(笑)。初期ならオレも出来そうだし。最近はちゃんとしたボーカルの横で弾くのがいいかもなぁ、て思ってます。だから例えばライブで10曲くらいやるとしたら、そのうち1?2曲歌えればいいかな、と。後はもくもくと演奏したい、みたいなところもありますね。

 と、まぁこんな感じでやっています。リンゴとリンクするところは、さすがに無いですね(笑)。横でベース弾いてて、たまに歌うんだけど、歌う曲はガーーーーッていうような曲(笑)。そんな感じでやるのが今の目標です(笑)。

http://husky-go.hp.infoseek.co.jp/

060208a.jpg

ベースギターをかき鳴らせ vol.12

 「ぐるまきセッション」まで残り2週間を切り、かなり仕上がってない現状に焦りを感じています。当初は「ビートルズセッション」を休もうかと思っていたので、意図的に難しい曲も入れたりしてたんですよね。今週がヤマだな。来週は通し練習のみにしたい。

・「5150」
 ヴァンヘイレンです。若い頃、(違う曲だが)テクニック的に出来なかった思い出があります。今回はリベンジということヴァンヘイレンやります。この曲は変則チューニングです。それほど複雑ではないのですが、僕は変則チューニングをやったことがないので、全然まだつかめてないです。ギターとユニゾンになっているフレーズや、ドラムと合わせる箇所が多いので、基本的には完コピを目指します。早めに何とかしたい。

・「Slide It In」
 ホワイト・スネイク、昔1曲だけやりました。14年ぶりですね?、懐かしい。これ結構シンプルなので、ほとんど出来てます。

・「Proud Mary」
 今回唯一の指弾きです。これもほとんど出来てます。

・「I Ain't Superstitious」
 ロッド好きでありながら、Jeff Beck Groupは聞いてなかったんですよね。この曲はシンプルでありながら、なかなか味のある曲です。ちょっと難しいというか面倒なベースラインですな(笑)。ドラムと決め決めで合わせるので、その辺キッチリやりたい。。

・「MAGGIE MAY」
 この曲は高校時代から大好きな曲。今回(たぶん)やれることになって嬉しい。まだ仕上がってないが、楽しく練習しています。

 以前あれほど「ビートルズセッション」についてウダウダ書きながら、来月参加しようかと思っています。今回は事前に何曲か用意しておき、当日一緒にやってくれる人と相談して、やる曲を決めようかと思っています。こういうノリも面白いかと思っています。本当は30曲くらい準備してから参加したかったのですが、まぁ来月は10曲くらいじゃないの(笑)。時間的な問題もあって、初期が中心になると思う。

http://husky-go.hp.infoseek.co.jp/

060328.jpg

今日のBGM“MAGGIE MAY”

 ロッドの名曲中の名曲。感動ですよね。高校時代に感動して、「アンプラグド」を聞いて感動。YO-KINGがラジオで「この曲、すごい好きです」と言ったのを聞き感動し、「LADY LUCK」という曲が「MAGGIE MAY」を彷彿させてまた感動しました。この曲を演奏した時また感動するだろうなぁ。ちなみにもったいぶって歌う「アンプラグド」バージョンがまたいいんだな、これが。

music033.jpg

ibookが壊れた

 といっても10日くらい前なんですがね。iTunesが使えなくなったのはかなり痛いです。ibookは修理に3?5万かかると言われ、それなら新品のMac mini買った方がいいじゃん。とはいえ今年に入ってからかなり浪費しているのでちょっと躊躇。でも会社のMACでこそこそCDを焼いてることを考えると、そろそろ買い時かもなぁ。ちなみにWindowsも調子が悪く、これは週末にパソコン屋に持って行きます。残った古いMACは元気だけど機能が少ないしなぁ。しかも今時スカジーだし。

http://husky-go.hp.infoseek.co.jp/

今日のBGM“HOT LEGS”

 ロッドの代表的なロックナンバー。『アンプラグド』バージョンが非常にかっこいいです。この前セッションでやったら思いのほか好評でビックリ。すっかり気を良くしたので、しばらくロッドやります(笑)。

music033.jpg

君はギターの弦を切ったことがあるか

 長渕剛の「君はギターの弦を切ったことがあるか」という本があります。ギターを弾き始めた僕にとって、とても感銘を受けた本でした。(今でもそうなんですが)細かいプレーが苦手なワタシにとって、「ガーンと弾けばいいんだよ、とにかく弦が切れるまで弾きまくれ」というメッセージは目から鱗でした。その後大学でフォークライブをやっては、とにかく掻きむしるようにプレイすることを心がけていました。テクニックが要らないので楽でしたね(笑)。今になって思えば、そういう弾き方がベストとは言えませんが。でもサウンドホールに出来た弾き傷は結構評判でした。自分で言うのも何ですが。

 この前のセッションではラストの曲では予告通り(?)弦が切れました。プレイ中はフォークギターを弾くような気持ちで演奏しました。おかげさまで、若い頃に戻ったような気分になりました。

060322.jpg


050708d.jpg

今日のBGM“STAY DREAM”

 長渕剛の有名な曲ですが、あえてライブアルバム『LIVE'89』のバージョンをチョイス。この曲はキーボードが入ったバージョンが多いのですが、このライブ盤では弾き語りのスタイルです。力強いストロークに終始するプレイは、シンプルでありながらもグッときます。

music082.jpg

続・ビートルズセッションが終わって

 ワタシの文才の無さから、間違った方向に解釈されてるので、まとめて書きます。

・「ギターはもういいから、ハープ吹きなよ」→ギター弾いちゃいけないのかよ。

・いろいろな人からのダメ出し→多少は自由に弾きたい。

・「WHILE MY GUITAR GENTLY WEEPS」→一度ならず二度までもダメ出しされ残念。

・前回の最後の「それでは、さようなら?。」→記事がとりとめなくなったので締めたかった。

 上記を踏まえた上で書きます。ワタシが不快に思っているのは「WHILE MY GUITAR GENTLY WEEPS」のことを言われたからではない。それについて延々2時間も3時間も言われたあげく、最終的には多数VS一の状況になったことである。はっきり言ってしつこい、しつこすぎる。

 これをアドバイスだと言いたいのかも知れないが果たしてどうだろう?仮にちゃんとしたアドバイスであったら、ありがたく聞いていたであろう。それをたかだか1?2曲であそこまで引っ張るのは、どうなのよ?聞いてるワタシにとっては、ほとんどからかってるというか、馬鹿にしているようにしか聞こえなかったですが。多数VS一なんて、軽いイジメだと思いますがね。もし逆の立場だったらどう思うか?それでも胸を張って正しかったと言えますか?

ビートルズセッションが終わって

 正直疲れました。精神的に。前回打ち上げでたまたま「実力的に出入り禁止」の過去を思い出し、一ヵ月気合いを入れ直して練習しました。結果的としては、周りの評価は芳しく無かったので、非常に残念としか言いようがありません。また打ち上げの時「ギターはもういいから、ハープ吹きなよ」と言われた時は非常に気持ちが萎えてしまいました。まぁ何かさ、いろいろ思うところがあったセッションでした。

 昔部室でビートルズの曲を弾いてたら、たまたま見てた先輩が「ポールはダウンで弾かなきゃダメだろ」と言ってきました。その後もちょっと弾けばダメ出しされたので、「もういいや」と思ったものでした。他の先輩からは「ビートルマニアには気を付けろ」と言われました。何でも「ビートルマニアのリスペクト度は半端ない。だから忠実に再現しないと怒られるんだよ」と言われました。昨日のセッションではいろいろな人の意見をもらい、何か部室でダメ出しされた日々を思い出しました。やっぱオレみたいな奇特な演奏スタイルは場違いだよなぁ......。

 ちょっと前にバンドに参加してました。「WHILE MY GUITAR GENTLY WEEPS」という曲をやったんだけど、ギターの奴が「間奏のベースライン考えてよ」と言ってきました。なので一週間後の練習までに考えてきて弾いたら、「それじゃベースソロだろ」と言われました。「じゃあ今みんなで弾くからすぐ考えて」と言われたが、「そんなすぐ出来ねぇよ」と拒否。結局そいつとの溝が埋まらずに脱退しました。今回はリベンジの意味を込めて「WHILE MY GUITAR GENTLY WEEPS」やったんですが、クソミソに言われたのでかなりショックでした。一度ならず二度も言われちゃあねぇ......。

 昨日は打ち上げに参加しました。かなりいじられました。別にいいんだけど、演奏スタイルについてしつこく言われたのは、ホント勘弁して欲しかった。僕はあまり飲み会が好きではない。と、いうか好きでなくなった。以前あるジムにいたことがあった。毎週のように飲み会をしていて、まぁ付き合いで参加してました。やっぱり「話しやすい」とかいう理由から、いじられることが多かった。でも先輩がある日「ツッコミ」という理由で頭叩いてきた。それ以後も注意してもからんできた。ついにキレたわけだが、意外にも他の先輩からは「叩かれる奴が悪い」とか「お前はいじられキャラなんだから我慢しろ」ということを言われた。何かここのジムは上下関係が強かったんだよね。その後、発端の先輩とはもめにもめ絶縁状態になり、追われるようにジムを辞めました。このセッションの飲み会がどうなのかはわからない。でももし調子にのって暴力をふるう輩がいたら「面倒くさいけどやらなきゃいかんな」とも一瞬思った。考え過ぎかも知れないが、一度そういう体験をした者にとっては懐疑心が強いわけで。まぁそんなことも思い出しました。

 今後はどうしましょうかね。あまり個人的なプレイに走ってもいかんだろうけど、完コピを目指すのもちょっとオレ的ではない気がする。正直気が抜けてしまったので、今は何も考えてないですね。「今度この曲のハープを吹いてよ」とも言われたけど、了承はしていないのでこれは約束では無いですね。知ったこっちゃない。ハープにしてもワキタさんと出会い、自分のプレイを見つめ直さないといかんと思ってます。とりあえず来月の「ぐるまき」で鬱憤を晴らします。それでは、さようなら?。

ベースギターをかき鳴らせ vol.11

 「ぐるまきセッション」が無事終わり内心ホッ。いよいよ「ビートルズセッション」に挑みます。いよいよ最終段階に入ってます.......。

・「LET IT BE」
 これはやりません。歌詞とベースラインは覚えた。でも弾きながら歌うとミスる。ベースをよほど簡単にしないと、弾きながら歌えない。しかしこの曲はこのベースのフレーズが無いのはありえない。ベースのフレーズを弾きながら歌うのは、今のオレではまだ無理みたいだ。多分この1曲のみを一ヵ月練習してもダメだっただろう。このセッションに参加して半年経っても克服できてないのだから......。

・「OH, DARLING」
 ピック弾きです。激しくも壮大なバラード。多少ガツガツ弾いても良い曲だが、音のすき間がある曲なので、ポイントは抑えないとダメだな。カクさんをゲストボーカルに迎えるので、注目も浴びると思う。心して演奏したい。

・「MICHELLE」
 指弾きです。Bメロのベースラインをミスらなければ大丈夫です。そこを間違えると挽回が難しい。集中します。

・「GLASS ONION」
 これもガツガツ弾ける曲。間奏とハープの入る箇所を注意すればいいと思う。短いけど、とてもいい曲です。

・「WHILE MY GUITAR GENTLY WEEPS」
 これはちょっと参加していたバンドでやった曲。その時ボツになったベースソロの封印を、今回解こうと思ってます。コーラスでミスらないように注意したい。

 今回のセッションではすでにリタイアした曲があるのが非常に残念でならない。その他の曲は、自分としてはやるだけのことはやった。後は気を抜かず練習するのみです。

今日のBGM“THE DOCK OF THE BAY”

がオーティス・レディングが好きだと言っていたので、それなら聞いてみようとレンタルしたものです。いい曲ですよね。この前のセッションでやれて凄い嬉しかったです。

music081.jpg

3月12日のセッションの写真 vol.5

写真はページの都合上600×450dpiで統一しています。
もっと大きいサイズの画像が欲しい方は連絡ください。
それでは来月またよろしくお願いします。

CIMG0033.jpg


CIMG0035.jpg


CIMG0036.jpg


CIMG0037.jpg


CIMG0040.jpg


CIMG0042.jpg

3月12日のセッションの写真 vol.3

ルーファさん登場。
さらに盛り上がります。

CIMG0016.jpg


CIMG0017.jpg


CIMG0018.jpg


CIMG0020.jpg


CIMG0023.jpg


CIMG0024.jpg

3月12日のセッションの写真 vol.2

ワキタさんのハープが炸裂。
同じハーピストとして、勉強になります。

CIMG0009.jpg


CIMG0010.jpg


CIMG0011.jpg


CIMG0012.jpg


CIMG0013.jpg


CIMG0014.jpg

3月12日のセッションの写真 vol.1

言ってきました「ぐるまきセッション。
楽しかったです。
先ずはもーりんさん、DBさん、やすしさんの雄姿を。

CIMG0003.jpg


CIMG0004.jpg


CIMG0005.jpg


CIMG0006.jpg


CIMG0007.jpg



CIMG0008.jpg

ビートルズって vol.3

 久しぶりに書きます、このシリーズ。今回は小学校高学年の思い出だす。

 小学校低学年の頃ってビートルズのことは断片的にしか知らなかったわけ。ところが小学校5?6年生の頃、クラスのリーダー格のヤツがビートルズ聞き出したみたいで。そしたらアッという間にビートルズはやりました(笑)。男子はそのリーダーと一緒に、ほうきをギターに見たてて遊んだり。先生も「ビートルズはいいよね」と嬉しそうに言ったり、そんな感じでした(オレの記憶が正しければ、先生はアコギ持って来てたような......)。オレもビートルズのテープ貸してもらってダビングしたりしました。何かインチキくさいテープで、初期の代表曲と後期の「HEY JUDE」とかポップな曲が入ってる、今で言う「THE BEATLES 1」に近い選曲のテープでした(これはリーダーが編集したのか、そういう勝手な編集レコードが発売されてたのか定かでは無いですが......)。

 リーダーは「HEY JUDE」が好きでした。別にだからというわけではないですが、オレも「HEY JUDE」が一番好きだった。何かすごい大人の曲って感じがしたわけね。それにエンディングで「デュッデューラ、デューラデュラデュラデュラデュラ」みたいなところがあるんだけど、「外人のかけ声は違うよなぁ」と感心していました。だからオレはそこばっか歌ってましたね(笑)。

 その後クラスのビートルズブームも、だんだんおさまっていきました。しかし中学に上がると、授業でビートルズを取り上げられたりもしました......。

060307.jpg

今日のBGM“HEY JUDE”

 ビートルズのアルバム『PAST MASTERS vol.2』に収録されています。僕にとっては、初めてちゃんと聞いたビートルズの曲です。やたら長い曲ですが、その長さを感じさせない見事な構成となっています。ただこの頃のポールの曲は、バンドっぽさがあまり感じられなくなってますな。でもこの曲はすげー好き。今も幼き頃も変わらず好きだ。ちなみにこの曲は、レノンの元妻シンシアとの間に生まれたジュリアンに、ポールが捧げた曲です。

music080.jpg

ベースギターをかき鳴らせ vol.10

 今月の3大イベント「テニスの試合」「ぐるまきセッション」「ビーセッション」。そのうち「テニスの試合」はしょっぱい内容で終了。せめて残り2つは良いかたちで終わらせたい。と、いうことで間近に迫った「ぐるまきセッション」について書きます。

・「HOT LEGS」
 アドリブでハープ吹くつもりが、やめました(笑)。コーラスはできればしたい、でも覚えてない。ベースは大体覚えた。

・「THE DOCK OF THE BAY」
 苦手の指弾きで行きます。結構練習はしてると自負していますが。

・「NO FEELINGS」
 パンクロックです。これは大丈夫。間違えてもOK。パンクだから(笑)。

・「Gimme Some Loving」
 急遽やることになりました。難しいことはしません。コード弾きで行きます。

 「THE DOCK OF THE BAY」や「HOT LEGS」があるのでセミアコベでも良かったんですが、今回はSRXで行きます。パンクロックもあるし、新品だし(笑)。いいんじゃないかと。12日のセッションが初陣です。僕自身も今回が初陣みたいなもんだな(前回はハープで1曲適当に合わせただけだし)。

http://husky-go.hp.infoseek.co.jp/

060306.jpg

今日のBGM“春一番”

 ウルフルズのアルバム『バンザイ?10th Anniversary edition?』に収録されていますが、もともとはシングル「バンザイ」のカップリングでした。言わずとしれたキャンディーズの曲をウルフルズがカバー。ブルージーかつヘビーな演奏になっています。最初にリフから、「おぉ」と思ってしまいました。やたら長い間奏はライブテイクならではという感じでしょうか。

music079.jpg

テニスの試合結果

 負けました。惨敗です。こんなもんです(笑)。この悔しさは音楽で晴らします。

実力的に出入り禁止

 実力的に出入り禁止。これは1年半前のアコースティックライブの時に言われました。まぁしょうがないとは思います。当時の僕は今以上にさらに下手くそでした。何せ8年間も楽器演奏から遠ざかってたで、弦を押さえるだけで指が痛いという状況でした。かたや僕以外の人は現役で音楽活動をされていたので、まぁ主催者側の意見もわかります。でも初心者でも歓迎って書いてあったのになぁ......。

 でもこのライブに参加して良かったと思います。もしこのライブに出なかったら、音楽活動はいつ再開していたかわからんからねぇ。学生時代に熱中してた反動で、卒業後は全く弾いてなかったからね。ギターケースを開ける時、何かちょっと緊張してたのを覚えてます(笑)。やりたいけど思う所があって、なかなか踏ん切りがつかなかった。そんなオレの背中を押してくれたのはこのライブだったのは間違いないですね。

 この前の打ち上げで、この時のことを思い出しました。現在は毎月1?2回セッションに参加させていただいており、非常に健康的に生きています。これはいろいろな方々のおかげだと思っていますし、感謝しております。ただ「実力的に出入り禁止」を宣告された頃より飛躍的に上達したわけではないということも、忘れてはいけないと思っています。

http://husky-go.hp.infoseek.co.jp/

今日のBGM“逆流”

 オリジナルは長渕剛のアルバム『逆流』に収録されています。これは『LIVE』というライブアルバムのヴァージョンです。ギター、歌、ハーモニカで聞かせます。圧巻なのはエンディングでギターをかき鳴らし、ハープを吹きまくり。10分にも渡る演奏には圧倒されます。

music078.jpg
プロフィール

うえのん(うぉ?ん)

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。